豪雨災害 浸水被害者に生活支援・被災者支援法の適用を・・日本共産党が防災相に緊急申入れ

二十人を超える死者・行方不明者をだした新潟、福島、福井各県を中心とした豪雨災害で、日本共産党集中豪雨災害対策本部の高橋千鶴子本部長(衆院議員)、大門実紀史事務局長(参院議員)らは二十二日、井上喜一防災相と面談し、被災地の

民主団体が、豪雨被害救援活動をよびかけ・・福井豪雨民主団体等ボランティア受付センター設置

18日未明からの豪雨で、福井市と美山町、鯖江市、今立町、池田町などで大きな被害が出ました。 そのため、民医連、県労連や新婦人など民主団体は、被害を受けた組合員宅を訪問し、要望も聞きながら、家にたまった泥やゴミを出す作業を

「もんじゅ判決」批判の根拠示せ・・党地区委と敦賀市議団・・国に説明を求める(上)

日本共産党嶺南地区委員会と敦賀市議団は七月二五日、今年一月の名古屋高裁金沢支部の「もんじゅ判決」(原判決)を国が批判していることについて、国会内で文部科学省と経済産業省の担当者に面会し、その見解をただしました。これには木

樫曲のゴミ問題で‥日本共産党が知事に申し入れ汚水調査データの公開を・・違法ゴミの撤去・無害化早く(03/7/10)赤旗読者ニュースより

樫曲の違法ゴミ問題で、日本共産党嶺南地区委員会と日本共産党敦賀市議団は七月一日、西川一誠県知事に対し、県が代執行した汚水漏れ対策についての問題点を指摘し、早急に対策を講じるよう強く求める申し入れ(全文は裏面参照)を行いま

樫曲ゴミ問題で違法搬入廃棄物の全量撤去を要求・・「自然と環境守る敦賀市民の会」が市長に要望・議会に陳情・・

  市長への申し入れ全文はこちら 議会への陳情書はこちらへ 福井県敦賀市の民間産廃処分場に多量の廃棄物が違法に搬入された問題で、「自然と環境を守る敦賀市民の会」は六月七日、市議会の辻秀雄議長にたいし、違法搬入さ

命の水危ない! 緊急に漏水対策を行うよう環境省に申し入れ‥「自然と環境を守る敦賀市民の会」2002年3月27日発行

覆土は漏水を止める対策でない 「少し基準を上回っている程度」と環境省が法を犯す答弁 漏れを認めるなら、法も構造基準もいらなくなる 3月27日、県の「技術検討委員会」が委員長談話を発表 申し入れの全文   1,覆