福島原発1号機 内部調査を中止・・監視カメラ不具合 & 動燃元次長遺品 返還請求を棄却・・東京地裁

福島原発1号機 内部調査を中止・・監視カメラ不具合  東京電力福島第1原発1号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)の状況把握に向けて、3月14日から予定していた原子炉格納容器内部のロボット調査を中止したと東電が同日、発表しまし

“福島第1原発事故6年 専門家に聞く”ゼネラル・エレクトリック社の元技術者 佐藤暁さん・・深層防護の欺まん

 東京電力福島第1原発事故から6年がたち原子力規制委員会は、すでに12原発が規制基準に適合したとの判断を示しています。事故の反省を踏まえて策定したとする新規制基準ですが、事故の究明は道半ばです。事故からくみとるべき教訓は

カバンが散乱 止まった時間

福島・双葉町  東日本大震災の発生から6年を経過した3月11日、東京電力福島第1原発事故のため原則立ち入り禁止となった福島県双葉町の帰還困難区域を歩きました。町立双葉中学校に入ると、音楽室ではホルンやトランペットなどの楽

「ふるさとを捨てるの簡単」・・自主避難者に復興相/「原発事故を終わったことにしたいのか」との声も

 今村雅弘復興相は3月12日放送のNHK「日曜討論」で、福島原発事故の自主避難者に対し「ふるさとを捨てるのは簡単」だと述べ、福島県に戻るよう促しました。  原発事故後、避難指示区域外でも自らの判断で避難をした人々は今も約

“東電原発事故6年”福島のママ 避難先から・・住宅・二重生活 子ども守り続け/帰れといわれても危険

 東京電力福島第1原発事故から6年。いまだ溶けた燃料は取り出せず、がれき撤去などの工事作業にともなって汚染したほこりが飛び、山林は除染できずにいます。放射能から子どもを守るために避難を続ける母親たちの姿をおいました。 (