大飯差し止め覆す・・高裁金沢支部 安全放棄の不当判決 & 原発推進に追従 規制委も司法も・・大飯3・4号機 主体性ない無責任判決

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)に対する運転差し止め訴訟の控訴審で7月4日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)は、東京電力福島第1原発事故を教訓に運転差し止めを命じた一審判決(福井地裁)を覆す不当判決を言

東海第2原発 “適合”判断・・規制委 震災で被災 老朽化も/危険・不安 置き去りか & 原発推進に追従 規制委も司法も・・東海第2 問題山積で“ゴーサイン”

 11月下旬に運転40年を迎える老朽原発の日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)について、原子力規制委員会は7月4日の定例会合で、新規制基準に適合したとする「審査書案」を了承しました。傍聴席から「スケジュールありきの

原発推進に「全力」明記・・エネルギー基本計画閣議決定で、共産党が撤回求める/藤野保史衆院議員が談話

原発推進に「全力」明記・・エネルギー基本計画閣議決定で、共産党が撤回求める  安倍政権は7月3日、国の中長期的なエネルギー政策の方向性を示す「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定しました。2030年度の電源構成で原発比率

 原発を持たない沖縄電力を除く全国の電力9社は6月27日、一斉に株主総会を開きました。原発事業からの撤退や廃炉の推進など「脱原発」を求める株主提案が9電力全ての総会で提出されましたが、いずれも反対多数で否決されました。

 原発を持たない沖縄電力を除く全国の電力9社は6月27日、一斉に株主総会を開きました。原発事業からの撤退や廃炉の推進など「脱原発」を求める株主提案が9電力全ての総会で提出されましたが、いずれも反対多数で否決されました。

原発ゼロへ基本法制定必ず・・藤野保史衆院議員(党原発・エネルギー問題対策委員会責任者)に聞く

 今年3月9日に野党4党が衆院に共同提出した「原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案」(「原発ゼロ基本法案」)は今月、衆院経済産業委員会に付託されました。28日には幅広い国民運動で実現を目指して、東京で市民