日本共産党嶺南地区委員会 > Articles by: yamamoto

きょうからCOP24 温暖化対策・・国目標上げ焦点 & 温暖化 背を向けるな・・豪中高生1・5万人授業拒否

 【ベルリン=伊藤寿庸】地球温暖化対策のパリ協定の「実施ルール」策定を目指す国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)が12月2日からポーランド・カトウィツェで開かれます。世界各地で、ハリケーンや台風、豪雨

個人線量計で被ばく管理・・規制委 復興拠点での防護対策 & 近接原発の事故影響検討求める・・事業者に規制委

個人線量計で被ばく管理・・規制委 復興拠点での防護対策  原子力規制委員会は11月28日、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域の一部で、人がふたたび居住できるよう整備する「特定復興再生拠点区域」

COP24 温暖化進む世界と日本の課題(下)・・WWFジャパン気候変動・エネルギーグループ長 山岸尚之さん

国は再生エネ優先を  今年のCOPでは、パリ協定の細かい実施ルールについて各国が合意する予定になっています。非常に難しい問題で、最終日までもつれると思いますが、何らかの形で妥協が図られて合意がされるでしょう。 パリ協定の

COP24 温暖化進む世界と日本の課題(上)・・地球環境市民会議専務理事 早川光俊さん

 記録的猛暑や豪雨に見舞われた今年。気候変動対策をめぐる国連会議、COP24(国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議)が12月2日から14日までポーランド南部のカトヴィツェで開かれます。温暖化対策の国際的枠組み「パリ協

宮城 女川2号機再稼働の是非を問う 住民投票条例 実現しよう・・署名4万人超へ ラストスパート

 「大事なことはみんなで決めましょう」「未来は自分たちで決めましょう」―。署名を呼びかける声が街角に響きます。東北電力女川(おながわ)原発2号機(女川町、石巻市)再稼働の是非を決める住民投票条例の制定を目指し、仙台市の市