家の中がジャングルに!(2008.5.27)
何の球根(2002.1.30)
節分の思い出(2002.2.4)
またまたドジって咲いた花?(2002.3.16)
伊藤多喜雄が福井で初のステージ!・・・私と伊藤多喜雄さん(2002.4.17)
成人式の思い出(2005.1.15)

 家の中がジャングルに!

 今年(2008年)の正月、数年ぶりに長崎県平戸市に帰省しました(←といっても、平戸には家があるだけ。両親は現在大阪に住んでいます)。
 メンバーは、父と弟と娘と私の4人。目的は、体が不自由になってきた父を故郷に住む母親(祖母)に会わせることと、実家の荷物を処分してしまおうということ。
 父方の90才のおばあちゃんや母方の88才のおばあちゃんと久々の再会を果たし、さて、今は誰も住んでいない我が家に入ろうとしたら…なんと、入れない! 家の中がジャングルになっていました!!!
 まずは草刈りから始めることとなったため、かんじんの家の荷物だしが充分にできず、いずれ近いうちにもう一度行こうということになりました。
←玄関から入ろうとしたら…ジャングルに!

  何の球根?

 私の住む市営住宅は、長屋づくりになっていて小さな庭がついています。
 私はその裏庭や横の空き地に畑や花壇をつくっています。
 花は、チオノドグサ、チューリップ、水仙、何の花かわからない花、その他は、いちご、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、プチトマトなどなど、一坪ほどの小さな畑に植えています。
 夏に(ずいぶん遅れて)チューリップの球根をほじくり返し、秋の早い時期に畑やプランターに植え替えたところ、冬には芽が出て、葉が出て、ついにはつぼみが!!
 「私が早く植えてしまったばっかりに・・・。せめて花ぐらい咲かせてあげたい!どうか暖かい日が続きますように!」と、おてんとさまにお願いしていたにも関わらず、ついに雪が・・・。
 「かわいそうなチューリップ」と、よく見ると、つぼみがどうも変。よくよく見ると「水仙」でした。
 何で?だって、チューリップの球根だったはず・・・。じゃぁ、チューリップはどこへ?
 春になれば、わかるのかなぁ?
(2002.1.30)

 節分の思い出

  節分にまつわる思い出が二つあります。
 大阪から長崎の平戸に引っ越して初めての節分の翌日、ちり紙に小銭と豆とお菓子を包んであちこちの三つ又においてあるので不思議に思いました。友達に聞くと、それが、節分の日の慣わしだとか・・・。おもしろいなぁと思いました。
 節分で忘れられない思い出がもう一つ。
 あれは数年前、雪が多かった節分の日。子どもたちと一緒に「鬼は外、福は内!」と、雪が積もった裏庭に向け豆まきをしました。豆は雪の上にポタポタ・・・。
 そして、春になり雪がとけてビックリ!庭中に、ヌラヌラとナメクジがはったあとが・・・。きっと、庭にばらまかれた豆を目当てにはい回ったのでしょう。
 あれから、豆まきはしなくなりました。
(2002.2.4)

 またまたドジって咲いた花?

 子どもたちの大好きなブロッコリーを我が家の庭で育ててみようと、生協で苗を注文しました。三つ届いたのですが、大きくなったのは、たった一つ。
 それなりにブロッコリーというモノができたのですが、まだまだ小さくて、「もう少し」「もう少し」と大きくなるのを待っているうちに、黄色いきれいな花が咲きました・・・。
 こんなはずじゃなかったけど・・・と思ってもすでに遅し。
 黄色い小さな花が花束のように咲いているのを「きれいだな〜」「ブロッコリーの花なんて、そうそう見られるもんじゃない!」と自分でなぐさめています。
(2002.3.16)

伊藤多喜雄が福井で初のステージ!・・・私と伊藤多喜雄さん

 ロック調民謡歌手伊藤多喜雄とTAKITOバンドを初めて知ったのは、十数年前の新聞「赤旗」の読者欄です。「赤旗まつりに出演した伊藤多喜雄のステージがとてもすばらしかった」と絶賛されていて、「一度聞いてみたい」と思っていました。
 そして、十年前、埼玉の革新系のまつりで、偶然、伊藤多喜雄のステージを見ていっぺんでファンに!その場でCDを買い、ファンクラブにも入りました。
 何がすごいって、尺八、三味線、和太鼓だけでなく、バイオリン、コントラバス、エレキピアノ、ベースギターなどなど・・・現代の楽器も加わっての迫力ある演奏に心が躍ります!
 日本に古くから伝わる民謡に、今の生命を吹き込む!そんなところは、私が昔いたわらび座と同じ!

 北海道から東京へ出てこられた多喜雄さん、民謡大会で優勝して、民謡の「先生」に。でも、「これは違う」と感じていたところ、渋谷の駅前で、わらび座が大道芸のようなモノで民謡を歌ったり踊ったりしていたのを見て、「これだ!民謡は労働の中でできたモノ。働く人を喜ばせ、元気にさせるのが民謡だ」と、民謡協会をやめ、自分のバンドをつくり、全国を回るようになったとか。そのことを知ってから、ますますファンに!

 さて、多喜雄さんの歌うそうらん節は、映画「学び座」やTV金八先生でご存じ「ロックンソーラン」の踊りに使われています。ちなみに、89年の紅白にも出場しています。
 以前は、赤旗まつりだけでなく、多喜雄さんのコンサートには、近くは京都、名古屋、大阪、遠くは新潟、東京と家族でよく行きましたが、子どもが大きくなり、私も市会議員となって、とても遠くまでコンサートのためにわざわざ行くことができませんでしたが、なんと!5月31日福井市でコンサートがおこなわれることになりました。
 うれしくって、うれしくって〜!
 月末は、新聞の集金で多忙ですが、なんとか早く終わらして、福井市へ飛んでいきま〜す!
(2002.4.17)

成人式の思い出

 毎年、成人式の日は、青年向けのビラ配布やマイクを持って街頭宣伝。
美しい振り袖を着飾り華やいでいる様子を見て、昔を思い出しうらやましく思いながら・・・
 私の成人式の日は・・・今からちょうど二十年前の夏(←秋田では、8月15日が成人式でした)。
その頃、私は、秋田のわらび座の研究生でした。
 8月のお盆の頃は、ちょうど「わらび祭り」をやっていて、全国からわらび座の支援者の方が来られます。
私たちは、その接客にかり出され、とても成人式に参加するどころではありませんでした。
「あぁ、世間では、成人式なんだ」と思いながらも、全国から来るみなさんを笑顔で迎え、歌ったり踊ったり、掃除をしたり食事の準備や片づけをしていたことを思い出します。
 さて、最近では、式場前で成人式に子どもを連れてくる知人とお会いしたりして、自分の年をイヤでも自覚し(特に今年は、新成人の倍の40才!)、「我が子も、もうじき成人やなぁ〜。晴れ着借りるの高くつくやろなぁ〜」なんて、複雑な思いが頭をよぎります・・・。(^_^;)
 なにはともあれ、新成人のみなさん、おめでとうございます。
 若いみなさんが、生き生きと働ける社会、生き甲斐のもてる社会、希望のもてる社会を、みなさんと一緒につくっていきたいと思います!
 共にがんばりましょう!(^0^)/
(2005.1.15)