ごあいさつ

 私は、1979年から八四年まで美浜発電所で仕事をしていました。原発によって周辺の街が大きく発展すると思い、仕事に誇りを持っていました。 

 働きながら人形劇などの文化活動をしていましたが、ステージから平和を訴える「わらび座」の舞台をとりくむ中で「共産党的」と関電から圧力がかかり、退社を余儀なくされました。 

 私は、なぜ平和運動をすると共産党的と差別されるのか疑問を持ちました。そして、戦前、日本共産党が命がけで戦争に反対したと知り、人間が人間らしく平和に暮らせる社会をつくりたいと、日本共産党に入党しました。 

 みなさん、
 「民主党に裏切られ、もう自民党にはもどりたくない。でも、第3極にはだまされない!」・・あなたの選択で、政治を変えましょう。

 政党が離合集散をくりかえす中、日本共産党は党をつくって90年、戦前から戦争反対をつらぬき、憲法9条を守り活動。政党助成金も企業献金も受けとらない清潔な党だからこそ、国民の立場でスジをとおして、みなさんの願い実現でがんばれます。

「政治を変えたい」との思いを、日本共産党と山本まさひこに託してください。。