20011年3月のバックナンバー

福島第1原発 放水口 汚染水3355倍 建屋たまり水の排出難航
「福島」で状況一変 広がる原発見直し・・中国、米国、ASEAN諸国でも
米国・・原発の安全性見直し長期・短期両面から
関電「安全神話」ふりまくビラ‥政府に徹底指導要求‥参院委で山下芳生議員
屋内退避・・物資なき「籠城状態」 福島第1原発から20〜30キロ圏内、政府は責任持った対処を
(「しんぶん赤旗」2011/3/31)

原発事故 そこが知りたい(6)、・・敷地内にプルトニウム(燃料損傷示す)
敷地内にプルトニウム 福島原発 核燃料の損傷示す 甘い想定放置の人災と大門議員指摘・・首相「認識間違っていた」
汚染水 海への流出防げ ・・立命館大学平和ミュージアム名誉館長(放射線防護学)安斎育朗さん
福島原発事故 そこが知りたい(6)・・Q 建屋や海水からいろんな放射性物質が見つかっているけど?
プルトニウム検出・・世代超えて影響
福島原発 つなぎ目密閉されず・・タービン建屋トンネル間 水行き来可能か
福島第一原発の作業員に、造血幹細胞採取呼びかけ ・・関連学会の医師ら
原発事故被害の被災地に関する緊急申し入れ・・日本共産党幹部会委員長 志位和夫
(「しんぶん赤旗」2011/3/30)

福島原発2号機 建屋外にも汚染たまり水 ・・「炉心溶融」と原子力安全委員会が見解
福島原発 2・3号機の復水器が満水で、汚染たまり水排出難航
福島原発事故 そこが知りたい(5)・・外部被ばくと内部被ばくはどうちがう?、放射性ヨウ素の影響は?、放射性物質は体内にずっととどまるの?、水道水の放射性セシウムは?
「安全神話」ぬけだし対策を  原発問題住民運動全国連絡センター代表委員 (福井県敦賀市在住) 山本雅彦さん
主張 ・・「危機の連鎖」 原発の不安拡大に説明つくせ 津波再来の恐れ 
09年に指摘・・東電、津波想定に反映せず。審議会「1,100年前の地震考慮の対象外」
(「しんぶん赤旗」2011/3/29)

東原発列島でいいのか・・安全神話と決別し、全国の原発総点検を
2号機 たまり水1,000ミリシーベルト超える・・東電「1,000万倍」を「10万倍」と訂正
原発避難 政府は責任もった対応を・・福島で志位委員長が記者団に
東原発列島でいいのか・・安全神話と決別し、全国の原発総点検を
「福島は警告」原発とめよ ドイツで21万人デモ

(「しんぶん赤旗」2011/3/28)

東電、作業員に危険伝えず、「6日前に知っていた」‥「被ばく防げた」と謝罪
作業員被ばくの汚水漏れ 、配管・燃料損傷が原因か
作業員2人が被ばくした放射線量は、2〜6シーベルトか
海から1,250倍のヨウ素・・第1原発の放水口付近
EU、全原発検査へ 域内14カ国143基 不合格は廃炉も
(「しんぶん赤旗」2011/3/27)

福島原発 原発事故半月 現状は・・。
被ばくの水 濃度1万倍・・福島原発作業員事故 炉内から漏出か
福島原発 原発事故半月 現状は・・。印 原子炉に海水注入 予断許さない状況 印使用済み核燃料プール 連日放水続け冷やす
電源喪失による最悪事態を警告 吉井衆院議員 繰り返し追及・・印水素爆発の危険も指摘、印「想定外」政府の言い訳適用しない、印″安全設計″と保安院強弁
党福島県委員会・・「津波で苛酷事故」、07年に質問
地震による原発の危険証明・・浜岡原発の危険から住民を守る会事務局長・杉山悦夫さんの話
(「しんぶん赤旗」2011/3/26)

新しい福島原発 作業員3人が被ばく・・熱傷の可能性、病院2人搬送
水道水が心配な妊娠・授乳中の方へ ・・日本産科婦人科学会が見解
福島原発 作業員3人が被ばく・・熱傷の可能性、病院へ
死者・不明2万6000入超す 避難25万人
水道水の放射性ヨウ素・・首都圏各地で基準超え
原発事故 人災と自覚し対策を・・参院環境委 市田忠義参院議員(書記局長)が質問
追跡 計画停電 東電、産業用供給が6割 大口の受電制限せず・・計画停電をしたのは大口顧客である大企業への遠慮?

(「しんぶん赤旗」2011/3/25)

福島原発事故 ・・そこが知りたい(その4)
放射線と放射能どうちがう?、放射線の種類は?、野菜などから検出されいる放射能汚染の「各種」って?セシウムも検出されているが?
福島原発3号機から黒い煙・・1号機容器内、一時上限超す400度
都水道水から放射能・・ヨウ素131 乳児飲用基準の倍。・・共産党都議団が緊急要請
乳児の飲み水確保せよ 震災対策実務者会合 穀田衆院議員が要求
原子炉圧力容器、注水前に十分検討を・・元中央大学教授(核燃料化学)舘野淳さんの話
(「しんぶん赤旗」2011/3/24)

福島原発事故 「電源復旧が焦点に」そこが知りたい(その3)
第1原発で電源復旧が進められているのはなぜ?、電源復旧でなにが期待できる?、それはどこまで進んだの?
福島原発 海水から放射性ヨウ素検出 放水口付近で限度100倍超
正確な情報、規制と補償を・・安斎育郎立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長(放射線防護学)さん
(「しんぶん赤旗」2011/3/23)

福島原発事故 そこが知りたい(その2)
牛乳やホウレンソウ、水道水から出た放射性物質って?、その発生源は福島原発?、体への影響は?、汚染された水道水は?汚染されているのは農産物や水道水だけなの?
福島・茨城・栃木・群馬のホウレンソウとかき菜/福島の原乳 政府、出荷停止を指示
福島原発・・電源復旧作業、放水続く
「完璧に問題点予見」 原発の危険追及した吉井英勝衆院議員の質問が、ネットで反響
原発の一時閉鎖を提唱 メキシコの研究者「福島と同型」
国民に全体像説明を  元東芝・原子力設計技術者 後藤政志さん
(「しんぶん赤旗」2011/3/22)

福島原発事故 そこが知りたい(その1)
1号機になぜ放水?、なぜ使用済みの燃料が発熱?、強い放射線はどうして?、いつまで放水するの?
農産物から放射性物質・・専門家に聞く(CTとの比較間違い)
市場に出ない措置を・・安斎育郎立命館大学平和ミュージアム名誉館長(放射線防護学)の話
正確な情報公開して・・野口邦和日本大学専任講師(放射線防護学)の話
福島原発・・電源復旧作業、放水続く
安心配してきたこと目の前で・・原発問題住民運動全国連絡センター代表委員・茨城県原発を考える会会長(元日立技術者)中村敏夫さん
(「しんぶん赤旗」2011/3/21)

福島原発 3号機の放水続く・・1,2号機 外部電源を接続
安全研究軽視が背景に・・元日本原子力研究所職員・出井義男さん
「影響ない」説明は誤り・・原発問題住民運動石川県連絡センター事務局長・児玉一八さん
(「しんぶん赤旗」2011/3/20)

福島原発、最悪回避へ冷却に総力
使用済み核燃料 最悪回避へ冷却に総力
被災1週間 支援急いで・・ 福島第1-3号機への放水継続
被事故尺度・国内最悪 レベル5に引き上げ
最高の専門家集めよ・・立命館大学平和ミュージアム名誉館長(放射線量防護学)安斎育郎さん
時機失わない対処を・・原発の安全性を求める福島県連絡会代表委員 早川篤雄さん
(「しんぶん赤旗」2011/3/19)

福島原発3号機に放水・・放射性物質大量飛散を懸念
専門家とともに技術者を総結集して危機打開を!
福島原発3号機に放水・・放射性物質大量飛散を懸念
専門家とともに技術者を総結集して危機打開を・・志位委員長が政府に提起
原発総点検し政策の抜本的転換を・・志位委員長が発表
「原発機器・緊急発言」‥事態は深刻知恵結集を(元日本原子力研究所研究員・市川富士夫さん)
(「しんぶん赤旗」2011/3/18)

福島原発、重大事態が同時進行 どう対応するか ・・
福島原発4基制御困難 3号機白煙、4号機再火災・・避難45万人余 疲労濃く
原子力安全委のもと専門家の力総結集を
原子力防災対策も 国力と知見を集めて
最悪の原子力災害に・・6基の原発 深刻な事態
共産党は総点検を早くから要求・・原発政策の転換を
燃料破損の進行に警戒必要・・館野淳中央大学教授(核燃料科学)の話 (「しんぶん赤旗」2011/3/17)

福島原発4号機爆発‥格納容器2号機損傷・・高濃度放射能 飛散 ・・
福島原発“壁”崩れ最悪の事態 国民への情報提供ただちに
汚染のデータ公表を・・野口邦和・日本大学専任講師(放射線防護学)の話
冷却機能低下も懸念・・舘野淳・元中央大学教授(核燃料化学)の話
「米スリーマイル島事故以上か」・・仏核安全局話

(「しんぶん赤旗」2011/3/16)

福島原発3号機も爆発・・プルサーマル炉心溶融か ・・
福島原発連続爆発 何が起きているのか・・炉心溶け水素生成 (「しんぶん赤旗」2011/3/15)

日本共産党嶺南地区委員会とうえはら修一、山本きよこ両市議が知事、市長に申し入れ ・・河瀬敦賀市長は、「敦賀は大丈夫」と回答。
うえはら、山本市議が県と敦賀市に原発「緊急時対策」を申し入れ!
うえはら、山本市議らが救援募金を街頭から訴え
福井の原発は大丈夫? ・・抜本的な原発の「地震対策」と 「防災対策」の強化を
(2011/3/14)

福島原発 被ばく 広がる不安 ・・福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の周辺から避難した住民が被ばく。
双葉町のバス避難者、厚生病院職員など被ばく
「二重の被害」「田畑の作物は」・・避難所住民の声
放射性物質から我が身を守には・・野口邦和・日本大学専任講師(放射線防護学)
福専門家「予断許さない」・・館野淳中央大学教授(核燃料科学)
(「しんぶん赤旗」2011/3/14)

東電 福島第1原発震災‥最悪事故--炉心溶融 ・・
抜本的に考え直せ。最悪のシナリオも・・館野淳中央大学教授(核燃料科学)
心配が現実になった・・柳町秀一原発問題住民運動全国連絡センター事務局長
冷静な対応が大切・・野口邦和日本大学専任講師(放射線防護学)
(「しんぶん赤旗」2011/3/13)

 

 

                
新着情報バックナンバー
2005年
2004年9月 
2004年8月
2004年7月
2003年
2002年7月〜12月
2002年1月〜6月
2001年5月〜12月
許可量の13倍ものゴミが持ち込まれた、福井県敦賀市樫曲の民間一般・産業廃棄物最終処分場。

(自然と環境を守る敦賀市民の会)パンフより